上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ご無沙汰しておりました。
ご報告が遅くなりましたが、 夏コミ受かっております。
ジャンルは『鋼』。スペースナンバーは以下のとおりです。


ホール O―43

『背水の陣!』



新刊等の情報はまた随時というか、決まり次第というか、
固まり次第お知らせしていきます。



さて『鋼』も、とうとう最終回を迎えましたね。
色々思う所はあるに決まってるんですが、
今は、感想等は胸にしまっておきます。
それは夏コミ新刊で語ればいいのだし、
自分的にはそれが一番良いみたいです。
なのでこの事については今日はサラリと流します。




『鋼』の話題をさらりと流した代わりに、
いきなり全然違う畑の話題。




先日の6月13日の夜遅く、
小惑星探査機『はやぶさ』が7年間の旅を終えて無事帰還し、
小惑星の欠片が入っているかもしれないカプセルを地球に向けて分離し、
その後、自らは大気圏突入で分解し、故郷地球の空に散りました。


日本の生んだ小さな探査機のその偉業は、宇宙開発科学史上でも稀に見る快挙で、
ゴダードの液体ロケット飛行の成功や、アポロの月面着陸やボイジャーの太陽系脱出、
ガガーリンの初の有人宇宙飛行等の偉業と同列格に値するにも関わらず、
後継機の当初予算は17億円だったものが、政権交代や事業仕分けで3000万円まで削られ、
いつでもどのタイミングでも行ける訳ではない「小惑星探査」が、
来年度の予算が付かなかった場合、10年先まで目的地に行くタイミングを失い、
せっかく自国で得た世界最高峰の技術や計画を、他国に奪われる危険が高まり、
そして技術の伝承と未来に膨大な損失を与える危機的状況にあります。


関連記事はこちら

http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100614-OYO8T00291.htm
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100615ddm003040097000c.html?inb=yt?inb=yt


多くの宇宙ファンもかねてからこの事には危機感を感じていて、
先日の『はやぶさ』帰還の感動も後押ししてか、
予算増額嘆願署名をネットでやろうという動きが出来ました。
その名も

はやぶさ2予算増額の嘆願署名



詳細は陣乃あやのホームグラウンドなブログ
『それでも地球は回ってる』の6月16日の記事をご覧下さい。

http://blog.goo.ne.jp/munich1923/e/e3c0243f5a7334e1d099415d2d97a52f


ご覧頂き、その趣旨にご賛同頂けたなら、是非とも署名して頂きたいと思います。
パソコンからでも、携帯からでも署名可能です。


宇宙開発とは何の関係もない『鋼』FANが来て下さるこの場所で、
こんな事をお願いするのもおかしな話なんですが、
署名は一人一回しか出来ないのです(当たり前ですけど)



日本の宇宙開発を応援する者の一人として、
『はやぶさ』に沢山の感動を貰った一人として、
是非とも皆様の力を分けて頂きたいのです。



〆切も 7月14日 と目前に迫っています。



ではでは。今回は用件だけで申し訳ありませんがこの辺で。
どうか一人でも多くの方に御協力頂ければと思います。
何卒宜しくお願いいたします。







先日のスパコミでスペースに遊びに来て下さった方々、
本当にありがとうございました~!!


念願の新刊、「徹夜しない」と言ってましたが、
前泊したホテルで原稿作成したのち、明け方4時(!)にキンコーズへ行き、
帳合してきまして、1時間だけベッドでゴロゴロして目を休めて、
結局「完徹状態」で会場入りしました……(死)


今回は徹夜しないで済むと思ったのですが、
軍服トーンの白抜きに思いのほか手こずり、
しかも疲労度ピークで作業効率の悪い事といったら…
目測誤りというか何と言うか。
そのせいで、ホテルでアシストしてくれたNさんも、
2時間睡眠の犠牲に………(平謝)


そんな幾多の犠牲の果てに出来た新刊(コピーだけど)
少しでも楽しんで頂けたなら苦労も報われます。




当日はRさん&Mさんお手伝い頂き、
使い物にならない店主に変わって運営して下さいました。
後ろで魂抜けた状態で見ておりましたが、
お二方ともとても楽しそうに売り子して下さり、
本当~に有り難くて涙出そうだった…本当に感謝です。


それから今回、ディスプレイ用の新しいイラストも無くて、
以前の眼力バリバリな兄貴のポスターとか
悪役面全開な兄のスケブイラストしかなくて、
真面目に周囲から浮いてました、ウチのスペース…(遠い目)


でもそんな場違いなイラストを見て、スケブ依頼される方々が。
有り難さのあまりか徹夜明けの判断の鈍った頭のせいか、
会場でコピック何本も買って、フルカラーで描かせて頂きました。
普段からカラー描かないのに何故…と自分でも思いましたが、
あの日は「せっかくの大イベント、カラーでお応えしたい」という
意味不明の使命感に燃えていたのがひとつと、
普段カラー描かない分、その勘を取り戻したいという
「ちょっと待て~」な理由も多分にありまして、
色の具合が気に入らず途中でコピック買い足しに行く気の入れようで、
数名の方々のスケブを描かせて頂きました。




普段からスケブ頼まれる事ないんですが、
今回はお手伝いが二人居たのでスケブに専念出来たこともあり
カラーなんていう己にしては珍しい事をいたしましたが、
カラーという事もあってか、
依頼して下さった方が皆さんすごく喜んで下さって、
その様子を拝見してこちらまで嬉しくなるという、
有り難い循環を経験させて頂きました。
依頼して描かせて下さった皆様、本当にありがとうございました!



因みに肝心の新刊については、己で売り子をしていないので、
反応についてはさっぱり分かりません…
スケブ描いて一日終わりました。本末転倒?
でも久々に「イベントに参加した」という充実感はあります。
これもひとえに来て下さった皆様方や、
遊びに来てくれたり、お手伝いやフォローしてくれた友人達のおかげです。
本当に本当にありがとうございます。



イベントアフターも『鋼』談義に花が咲き、
美味しいお酒とお料理と大人な雰囲気の店の片隅で
様々な意見や考察が飛び交う様は、さながら「鋼ゼミ」。
徹夜明けの頭だというのに、聞き逃すまいと頭フル回転。
アフターも素晴らしく充実した時間を過ごさせて頂き、
実に中身の濃い一日を堪能させて頂けました。
幸せ物です本当に…(涙)



昨日夜遅くにようやく自宅に戻り、
今朝は今までの疲れがどっと出て、
見事なまでに頭が固まってました……
さきほどやっとPCの前に座れる様になった。



ではでは。
あっという間に3日間でしたが、お世話になった皆様、
本当にありがとう!感謝します!!次は夏コミですね。
そしてもうすぐ原作もアニメも最終回を迎えます。
それを見届けた自分がどう感じるのか、全然わかりませんが、
夏にはまた新しい作品で皆様をお迎え出来ればと思います。
またポツポツとお知らせいたしますので、
今後ともよろしくお願いいたします~!!!多謝!!!





前日の夜中にようやく記事アップ。遅くなってスミマセン(汗)


さて、先だっての春シティは体調不良諸々で不参加でしたが、
今回は何とか参加できそうです。

スペース→東6ホール
 や-34b『背水の陣!』です。


新刊もコピー本ですけれど、
発行の目途が立ちました~。


2月開催の『エルスト2』で発行したコピー本に、
新作1本を加えたものになります。
『エルスト2』のコピー本は関東初売りですし、
新作が加わってますので、
オンリーの時の無料コピー本をお持ちの方も、
お手に取ってご覧下さいませ。
新作は久々の「陣乃節」な内容のシリアスです。


えー、その他の当日の発行物(既刊)の
お知らせもしたいのですが、
如何せん時間が…コピー本の新作、今描いてます…
明日の今頃、どういう状況になってるのか。
終わって寝てるとは到底思えないけど…(死)

知人達から「徹夜厳禁」を言い渡されてますが、
そもそも体力的に無理です。徹夜。
因みに「徹夜すると10年寿命が縮まる」って、
先日何かの本で見ましたが、
一体何十年分の人生を捨てた事になるのか。
つーか、既に一生分以上の時間を徹夜で失ってるよ。
同人屋は皆、未来分の命まで使い尽くしてるんか…



ああ、意識が朦朧としてます~
ふふふ、月が綺麗だなあ(遠い目)


当日、意識が飛んでる状態でしょうが、
皆さんにお会い出来ます事を楽しみに、
お待ちしておりますので、是非是非遊びに来てくださいませ。
ではでは!!







下の「エルスト2」当日の記事、実は3月3日にほぼ書き終えていたんですが、
画像を入れた後で、それぞれコメント付けようとすると、タブが落ちて……
何度同じコメント(しかも短いのに)入力したろう……


あんまり落ちるんで仕方なく電源落として。そうしたら今日になってしまいました…が、
今日も落ちる落ちる!!!
仕方ないので、短い文章入れては保存して。
ほんの少しの手直しに何故3時間費やさなきゃならんのか…
この文章打ってる時は全然平気って事は、「エルスト2」レポート記事が重たかった?



まあ大した事じゃないんですけど。
記事アップが遅くなった理由をちょびっと言い訳させてほしかっただけ(涙)



ああでも本当に楽しかったなあ~
お友達とも当日お会いできた方々とも、はるさん達スタッフの方々とも、
本当ーーーーーに!楽しく過ごせた今回の「エルスト2」。
まだまだ余韻に浸っていたい~ゴロゴロゴロ。


頂戴した差し入れは少しずつ食させて頂いておりますv
さっき改めて並べてみたら、ビックリする位ありました(己のサークルにしてみたら)
大イベントの時よりも断然多かった(笑)


因みに去年の6月の「エルスト1」で会場で配られた会場限定のお菓子の数々、
キャラ達の絵柄があまりに可愛くて感動のあまり食べられず…
未だに未開封で取ってあります。それこそなんて「もったいない」!!(死)


それから。
『Rubedo―総集編』の感想を直接聞けてすごく嬉しかったのも覚えてます。

「20回以上読み返した」とか
「こんな話を描きたい!って思った」とか
会場では大して感激してないような様だったと思いますが、
心の中では有りがたさと感激のあまり大号泣モードでした。


それからそれから。
スケブをお願いしてくださった方が、スケブをお渡しした際に、
「陣乃さん大好きですv」と、ものすごく素敵な笑顔で言ってくださったのにも、
大感激しておりましたので、ここで申し添えておきます~



あ、いつの間にかカウンターが400超えてました。うわーいありがとうございます!!
「動かざる事、山の如し」な程、のんびりしたブログ運営ですが、
またよろしくお願いいたします~vvv




2月28日に大阪で開催された『エルリック・ストリート2』に
ご参加の皆様お疲れさまでした!
あれから早や一週間、嗚呼先週の今頃はホテルで新刊コピー本の原稿を
描いてたのか…(遠い目)


当日我がスペースにお立ち寄り下さった皆様、
友人知人の皆様、本当にありがとうございました!!


己も心配していた新刊コピーが何とか出せて、
開催を祝す事が出来て一安心でした。



さて、色々なサークルさんが開催前から、超絶オススメしていた『エルスト2』。
前回も参加させて頂きましたが、今回も前回を凌ぐ設営とおもてなしの数々に、
感動の連続でしたね~。


もう何というか、「ここまでやる!?」みたいな細部まで、
来場者を楽しませるというか笑わせる為の工夫が施されており、
改めて主催者の方々の「兄弟及び鋼」への愛と熱意を感じずにおれませんでした。
とはいえ、会場の写真をほとんど撮影していなかった事に、帰ってから気付き(涙)。
沢山の方々が、当日の模様をブログやサイトに記事アップされてる事と思いますので、
似たり寄ったりの記事になるかと思いますが、己も語らずにいられない(笑)


まずは会場の入口の写メから↓↓↓

入口看板

入口花

↑は前回パンフ表紙で、今回のパンフの表紙は入口看板と同じ、牛先生でした(笑)


続いてスタッフの方々の渾身の大道具つーか設営の数々。



今回一番驚いたのがこれ↓↓↓

国土錬成陣


国土錬成陣が現れた!!!
空いている穴に玉が入ると、そのキャラのチロルチョコが貰えるというゲームで、
題して『国土錬成陣をブッ潰せ!』(爆笑)
これマジにかなりデカイです。これを女の子達が作ったんですねえ…
主催者のはるさん曰く
「スタッフがドリフの大道具並みに作るという意気込みを持ってる」との話でしたが、
いやでもこれ、よく出来てるつーか、どこの公式テーマパーク?と思いますよ…


そして貰える景品のチロルチョコの数々↓↓↓

ちろる2

各キャラの名(迷?)台詞が添えられてます…が、携帯写メの写りが悪くて申し訳ないです。



お次は、こちら↓↓↓

家族全身

家族アップ


これは前回同様主催者様からご依頼頂き、「SILVER BLAZE」のなべあきおさんと己が、
原画を起こしたものに着色された看板。その名も『家族の肖像』。
因みにホーパパと兄貴側がなべさんで、己がトリシャママとベビーアル側を担当。
原作の写真屋さんの様に、来場者がエルリック家の写真を撮るというコンセプトですが、
原作のホーパパが泣き顔バージョンではなく、皆が笑顔のものという指定でした。
これを着色してくださったスタッフの方の「塗ってる内に泣けてきた」とのお話に、
微力ながらもお手伝い出来て良かったな~と感激至極でした。
しかし、何度見てもホーパパ、いい笑顔ですよね~。




そして最後にこれです↓↓↓

地下トンネル


前回も黒子の手が動く仕掛けに驚いたけど、今度はその大きさに驚いた、
つーか、これどうやって運んだんだ!?横幅2mは軽くありますよ。
因みにこの地下トンネルの向こう側は、カフェコーナーになってます(笑)
(要するにカフェの壁がこれ)
そして己達のスペースは、これのすぐ横…

机の距離


常にプライドに見張られてる気が…
そんな己のスペースの様子がこれ↓↓↓

机上全体

フィギュア3人


…コメントしようがない混沌ぶりでスミマセン。
増田は「無料コピー本あります」と書いてある幟を持って跪き、
前回も展示?した鎧花嫁は、ブーケ付きにパワーアップ。
更に今回、Tさんが兄さんのミュンヘンコスを作って下さいまして。
「新婦のご親族さま」でアルの横に立たせようとしたんですが靴が無くって。
仕方なく座らせてみましたが、コートも着てない上に裸足なので、
「簡易宿泊所を飛び出してきてNPOに保護された人」みたいな感じになって…
「ミュンヘン兄貴はニート!」な事を表現したかの様な有様に(笑っていいのか)


そしてその手前にあるフラスコの中には、まさに「フラスコの中の小人」が!

マリモアップ


これはカナダの鋼ファンのお手製なんですが、フラスコ自体のクラシカルで
味のある代物なんですが、何といってもこのマリモ、ちゃんと笑ってるんですよ~
しかも宙に浮いてる様に見せる為に、磁石内蔵というこだわりぶり!!


でもこの展示?を、足を止めて見たり、写メで撮って下さる方々も大勢いらして。
オンリーだからこそ出来た展示ですが、見てくださる方々の反応が、
関東よりもノリが良くて且つ温かな目で見てくれてた気がします(苦笑)



あとは、相変わらず会場内だけでなく、トイレに至る廊下から中までも、
様々なキャラが訪れる人を待ち構えておりました(笑)
要はトイレの個室の扉の中側にポスターが貼ってあるんですが、
己が最初に対面した「ヘス」は「扉を開ける鍵なのだよ、シャンバラの!」の台詞付。
隣の個室では「エッカルト様」が「ロケットの準備を。扉を抜ける!」と叫んでます。
ここまでこだわられると、トイレといえど写メ撮りたくなるのが人情。
何人のお嬢さんが、トイレを撮影した事でしょう…
ある意味トイレが一番「夢の中」のような空間でした(笑)


他にもパラダイムクイズのキャラがあちこちに居たり、
バッカニア大尉は台詞だけで姿がなく、窓の上の方に台詞だけが貼られた演出があったり。



午後からはカフェで、ホム組キャラをイメージしたネーミングの飲物とお菓子が配布され、
己はりんごジュースとせんべいをセレクトしてきましたが、
りんごジュースは「始まりの果実」という名前のプライドのドリンク。
せんべいはブレダの絵柄でした。
ドリンクも紙コップに巻かれたホルダーにそれぞれのキャラが書かれているんですが、
とにかく配布されたもの、先日アップしたサークルへの案内状等々、
どれもこれもが本当に手が込んでる!!
例えば来場記念のノベルティグッズは兄弟の旅をイメージして、
ピナコばっちゃんのランチBOX!(箱も手作り!)

パンフ表紙



おかし


箱の中には、メモ帳とトリシャママがお弁当持って「いってらっしゃい」と
微笑む絵柄のキャンディーが(涙)


ランチボックス





新刊が出たサークルが貰えるグッズも素敵なものばかりで、
ちゃんとしたオフセ新刊ならまだしも、鉛筆コピーの無料配布程度しか出さなかったのにと、
恐縮するやら申し訳ないやら…。


己が頂戴した新刊発行サークルへの記念品はこちら↓↓↓


お父様

お父様が黒子の花束(手束?)を……!!



それから、前回も大好評だったくじ引きの景品、今回も素晴らしいものばかり!
(これは写メ取り損ねた…悔しい!!)
可愛くない兄貴と可愛いアル(笑)のクッションに加え、今回は牛先生まで登場!
マグカップほかの商品もまるで売り物の様で、とてもオンリーのくじ景品と思えない!!
因みに前回、兄貴のクッションが最後まで残ったんですが、
今回は割と早い段階で大物が当たっていきました。
最初に出た大物は牛先生のクッションですが、キャラよりも先に出てよかったですねえ(笑)
そして次は兄弟クッションが当たったんですけど、アルの方が先にお持ち帰りされ、
主催者側でも「…やっぱり、兄貴が残るんだ…(ぼそっ)」と呟いたとか(苦笑)
えー、因みに己はポケットティッシュでした。くじ運ないんだよね…



ところで、今回は最後まで会場に残っていたんですが、サークル数50強のオンリーなので、
早々に片付けて帰るサークルや買い手さんが居てもおかしくないんですが、
2時過ぎても、まだまだ会場には人が沢山居て、帰る気配がないんです。
すごく楽しい会場の雰囲気に、いつまでも長居したくなる…そんな感じでした。
何と言うか、主催者側の「如何に来場者を楽しませるか」というおもてなしの心が
会場の隅々まで行き渡り、とにかく終始和やかで明るくて、でも気負った感じもなくて、
本当に居心地のいいイベントと空間だったんです。
いつもより、スケブを描かせて頂いたり、本の感想をじっくり聞かせて頂けたり、
沢山の差し入れを頂いたり、皆様とお話する機会が沢山あったのも、
そういう会場の雰囲気のお陰な気が。
帰る間際も会場を去り難くて、噂のスタッフTシャツの背中を全員分で写メしたりと、
いつまでもダラダラと居続けてしまいました。

そしてスタッフ全員のTシャツ記念撮影大会(?)↓↓↓

大団円

…別に大反省大会開催中でも、廊下に正座させられてる一団でもなんでもありませんが、
そうにしか見えない……(笑っていいのか)
このTシャツの台詞はすべて兄弟の台詞で、そのスタッフの性格に相応しいものが
割り当てられてるらしいんですけど…一番血の気が多いのがMさんなので妙に納得(暴言?!)



因みに最後の最後に渡された来場感謝のオマケは
「おまえが欲しがってたものだぞ」との真理くんの囁き付「賢者の石」キャンディー!!!

真理くん


最後の最後までオチを狙うとは…やられたあ!!と感服するばかりでありましたが、
それに気を取られてだれもEVのボタンを押さず、
あわや、そのまま扉が開いて「バカだな、また戻ってきたのか」と言われる所でした(爆)





……と、まあ、取り留めなく書きましたが、本当に楽しくて仕方ないイベントで、
長い同人生活の中でも、こんなにも充実したオンリーって他に記憶がありません。
そういう意味で、一生忘れられない良いイベントに参加出来て本当に幸せです。
あれから一週間経った今でも思い出すと、幸せな気持ちに…


原作はいよいよ最終回に向けてカウントダウンに入りましたが、
そういう時期にこのようなイベントに参加できて幸せだなあと、
つくづく感じているのでした。
きっと、参加された方々みんな、その幸せを感じてることと思います。


主催されたはるさん、マカさんはじめ「馬車馬隊」のスタッフの皆様方、
本当にお疲れ様でした&本当に本当に素敵なイベントを有難うございました。
また、あの日参加された全ての皆様、
そしてそんな出会いをくれた兄弟と『鋼』と牛先生に愛を込めて。
素晴らしい思い出を有難う!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。