上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
2月28日に大阪で開催された『エルリック・ストリート2』に
ご参加の皆様お疲れさまでした!
あれから早や一週間、嗚呼先週の今頃はホテルで新刊コピー本の原稿を
描いてたのか…(遠い目)


当日我がスペースにお立ち寄り下さった皆様、
友人知人の皆様、本当にありがとうございました!!


己も心配していた新刊コピーが何とか出せて、
開催を祝す事が出来て一安心でした。



さて、色々なサークルさんが開催前から、超絶オススメしていた『エルスト2』。
前回も参加させて頂きましたが、今回も前回を凌ぐ設営とおもてなしの数々に、
感動の連続でしたね~。


もう何というか、「ここまでやる!?」みたいな細部まで、
来場者を楽しませるというか笑わせる為の工夫が施されており、
改めて主催者の方々の「兄弟及び鋼」への愛と熱意を感じずにおれませんでした。
とはいえ、会場の写真をほとんど撮影していなかった事に、帰ってから気付き(涙)。
沢山の方々が、当日の模様をブログやサイトに記事アップされてる事と思いますので、
似たり寄ったりの記事になるかと思いますが、己も語らずにいられない(笑)


まずは会場の入口の写メから↓↓↓

入口看板

入口花

↑は前回パンフ表紙で、今回のパンフの表紙は入口看板と同じ、牛先生でした(笑)


続いてスタッフの方々の渾身の大道具つーか設営の数々。



今回一番驚いたのがこれ↓↓↓

国土錬成陣


国土錬成陣が現れた!!!
空いている穴に玉が入ると、そのキャラのチロルチョコが貰えるというゲームで、
題して『国土錬成陣をブッ潰せ!』(爆笑)
これマジにかなりデカイです。これを女の子達が作ったんですねえ…
主催者のはるさん曰く
「スタッフがドリフの大道具並みに作るという意気込みを持ってる」との話でしたが、
いやでもこれ、よく出来てるつーか、どこの公式テーマパーク?と思いますよ…


そして貰える景品のチロルチョコの数々↓↓↓

ちろる2

各キャラの名(迷?)台詞が添えられてます…が、携帯写メの写りが悪くて申し訳ないです。



お次は、こちら↓↓↓

家族全身

家族アップ


これは前回同様主催者様からご依頼頂き、「SILVER BLAZE」のなべあきおさんと己が、
原画を起こしたものに着色された看板。その名も『家族の肖像』。
因みにホーパパと兄貴側がなべさんで、己がトリシャママとベビーアル側を担当。
原作の写真屋さんの様に、来場者がエルリック家の写真を撮るというコンセプトですが、
原作のホーパパが泣き顔バージョンではなく、皆が笑顔のものという指定でした。
これを着色してくださったスタッフの方の「塗ってる内に泣けてきた」とのお話に、
微力ながらもお手伝い出来て良かったな~と感激至極でした。
しかし、何度見てもホーパパ、いい笑顔ですよね~。




そして最後にこれです↓↓↓

地下トンネル


前回も黒子の手が動く仕掛けに驚いたけど、今度はその大きさに驚いた、
つーか、これどうやって運んだんだ!?横幅2mは軽くありますよ。
因みにこの地下トンネルの向こう側は、カフェコーナーになってます(笑)
(要するにカフェの壁がこれ)
そして己達のスペースは、これのすぐ横…

机の距離


常にプライドに見張られてる気が…
そんな己のスペースの様子がこれ↓↓↓

机上全体

フィギュア3人


…コメントしようがない混沌ぶりでスミマセン。
増田は「無料コピー本あります」と書いてある幟を持って跪き、
前回も展示?した鎧花嫁は、ブーケ付きにパワーアップ。
更に今回、Tさんが兄さんのミュンヘンコスを作って下さいまして。
「新婦のご親族さま」でアルの横に立たせようとしたんですが靴が無くって。
仕方なく座らせてみましたが、コートも着てない上に裸足なので、
「簡易宿泊所を飛び出してきてNPOに保護された人」みたいな感じになって…
「ミュンヘン兄貴はニート!」な事を表現したかの様な有様に(笑っていいのか)


そしてその手前にあるフラスコの中には、まさに「フラスコの中の小人」が!

マリモアップ


これはカナダの鋼ファンのお手製なんですが、フラスコ自体のクラシカルで
味のある代物なんですが、何といってもこのマリモ、ちゃんと笑ってるんですよ~
しかも宙に浮いてる様に見せる為に、磁石内蔵というこだわりぶり!!


でもこの展示?を、足を止めて見たり、写メで撮って下さる方々も大勢いらして。
オンリーだからこそ出来た展示ですが、見てくださる方々の反応が、
関東よりもノリが良くて且つ温かな目で見てくれてた気がします(苦笑)



あとは、相変わらず会場内だけでなく、トイレに至る廊下から中までも、
様々なキャラが訪れる人を待ち構えておりました(笑)
要はトイレの個室の扉の中側にポスターが貼ってあるんですが、
己が最初に対面した「ヘス」は「扉を開ける鍵なのだよ、シャンバラの!」の台詞付。
隣の個室では「エッカルト様」が「ロケットの準備を。扉を抜ける!」と叫んでます。
ここまでこだわられると、トイレといえど写メ撮りたくなるのが人情。
何人のお嬢さんが、トイレを撮影した事でしょう…
ある意味トイレが一番「夢の中」のような空間でした(笑)


他にもパラダイムクイズのキャラがあちこちに居たり、
バッカニア大尉は台詞だけで姿がなく、窓の上の方に台詞だけが貼られた演出があったり。



午後からはカフェで、ホム組キャラをイメージしたネーミングの飲物とお菓子が配布され、
己はりんごジュースとせんべいをセレクトしてきましたが、
りんごジュースは「始まりの果実」という名前のプライドのドリンク。
せんべいはブレダの絵柄でした。
ドリンクも紙コップに巻かれたホルダーにそれぞれのキャラが書かれているんですが、
とにかく配布されたもの、先日アップしたサークルへの案内状等々、
どれもこれもが本当に手が込んでる!!
例えば来場記念のノベルティグッズは兄弟の旅をイメージして、
ピナコばっちゃんのランチBOX!(箱も手作り!)

パンフ表紙



おかし


箱の中には、メモ帳とトリシャママがお弁当持って「いってらっしゃい」と
微笑む絵柄のキャンディーが(涙)


ランチボックス





新刊が出たサークルが貰えるグッズも素敵なものばかりで、
ちゃんとしたオフセ新刊ならまだしも、鉛筆コピーの無料配布程度しか出さなかったのにと、
恐縮するやら申し訳ないやら…。


己が頂戴した新刊発行サークルへの記念品はこちら↓↓↓


お父様

お父様が黒子の花束(手束?)を……!!



それから、前回も大好評だったくじ引きの景品、今回も素晴らしいものばかり!
(これは写メ取り損ねた…悔しい!!)
可愛くない兄貴と可愛いアル(笑)のクッションに加え、今回は牛先生まで登場!
マグカップほかの商品もまるで売り物の様で、とてもオンリーのくじ景品と思えない!!
因みに前回、兄貴のクッションが最後まで残ったんですが、
今回は割と早い段階で大物が当たっていきました。
最初に出た大物は牛先生のクッションですが、キャラよりも先に出てよかったですねえ(笑)
そして次は兄弟クッションが当たったんですけど、アルの方が先にお持ち帰りされ、
主催者側でも「…やっぱり、兄貴が残るんだ…(ぼそっ)」と呟いたとか(苦笑)
えー、因みに己はポケットティッシュでした。くじ運ないんだよね…



ところで、今回は最後まで会場に残っていたんですが、サークル数50強のオンリーなので、
早々に片付けて帰るサークルや買い手さんが居てもおかしくないんですが、
2時過ぎても、まだまだ会場には人が沢山居て、帰る気配がないんです。
すごく楽しい会場の雰囲気に、いつまでも長居したくなる…そんな感じでした。
何と言うか、主催者側の「如何に来場者を楽しませるか」というおもてなしの心が
会場の隅々まで行き渡り、とにかく終始和やかで明るくて、でも気負った感じもなくて、
本当に居心地のいいイベントと空間だったんです。
いつもより、スケブを描かせて頂いたり、本の感想をじっくり聞かせて頂けたり、
沢山の差し入れを頂いたり、皆様とお話する機会が沢山あったのも、
そういう会場の雰囲気のお陰な気が。
帰る間際も会場を去り難くて、噂のスタッフTシャツの背中を全員分で写メしたりと、
いつまでもダラダラと居続けてしまいました。

そしてスタッフ全員のTシャツ記念撮影大会(?)↓↓↓

大団円

…別に大反省大会開催中でも、廊下に正座させられてる一団でもなんでもありませんが、
そうにしか見えない……(笑っていいのか)
このTシャツの台詞はすべて兄弟の台詞で、そのスタッフの性格に相応しいものが
割り当てられてるらしいんですけど…一番血の気が多いのがMさんなので妙に納得(暴言?!)



因みに最後の最後に渡された来場感謝のオマケは
「おまえが欲しがってたものだぞ」との真理くんの囁き付「賢者の石」キャンディー!!!

真理くん


最後の最後までオチを狙うとは…やられたあ!!と感服するばかりでありましたが、
それに気を取られてだれもEVのボタンを押さず、
あわや、そのまま扉が開いて「バカだな、また戻ってきたのか」と言われる所でした(爆)





……と、まあ、取り留めなく書きましたが、本当に楽しくて仕方ないイベントで、
長い同人生活の中でも、こんなにも充実したオンリーって他に記憶がありません。
そういう意味で、一生忘れられない良いイベントに参加出来て本当に幸せです。
あれから一週間経った今でも思い出すと、幸せな気持ちに…


原作はいよいよ最終回に向けてカウントダウンに入りましたが、
そういう時期にこのようなイベントに参加できて幸せだなあと、
つくづく感じているのでした。
きっと、参加された方々みんな、その幸せを感じてることと思います。


主催されたはるさん、マカさんはじめ「馬車馬隊」のスタッフの皆様方、
本当にお疲れ様でした&本当に本当に素敵なイベントを有難うございました。
また、あの日参加された全ての皆様、
そしてそんな出会いをくれた兄弟と『鋼』と牛先生に愛を込めて。
素晴らしい思い出を有難う!!

スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。